楽天ポイントは消失する!消える前に使う&確認方法や通常Ptと期間限定Ptの違い

楽天ポイントは消失する!消える前に使う&確認方法や通常Ptと期間限定Ptの違い

国内でも屈指のグループと言えば楽天グループでしょう。楽天経済圏に興味のない方でも、何かしらの楽天サービスを1つ以上は利用していると思います。

そんな楽天サービスには共通して「楽天ポイントをプレゼントor還元」という特典が付き、支払い時に1ポイント=1円として使う事ができるので「実質手持ちのお金」と考えていいでしょう。

しかしこの楽天ポイントには有効期限があり、基本的には獲得から1年以内に失効してしまいます。

そんな自分もこの間「楽天モバイル」加入時に貰った数千ポイントが消失している事に今月気が付きました。「なんかポイント残高が減ってるな…」と(; ・`д・´)

楽天ポイントの種類と特長・確認方法まとめ💡

まずは結論からいきます↓

MEMO
楽天ポイントには2種類「通常ポイント」と「期間限定ポイント」がある
通常ポイントの有効期限:獲得から1年で消失
期間限定ポイントの有効期限:ポイントによるが獲得から数か月で消失
楽天ポイントは有効期限が短い順に使われる

楽天ポイントの有効期限の確認方法:Rakuten Point Clubなどから確認可能↓

楽天ポイントの有効期限は楽天ポイントクラブの「利用可能ポイント」の欄から確認可能

↑こんな感じで有効期限毎のポイントが確認できます。

特に楽天ポイントアプリを持っておくと、楽天ポイント支払いにバーコード表示するだけですし、「消失が近いポイント」「使えるお店」もアプリ内から確認可能なので悩みは解決します↓


GooglePlayダウンロードボタン_400 iOSダウンロードボタン_400

という事で細かく解説していきましょう↓

まず「楽天ポイント=期間限定ポイント」で1年以内に消失する事を知っておく

まず大前提なのですが、楽天ポイントは基本的に期間限定で使えるポイントです。

楽天ポイントは大きく「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類があり、有効期限は以下の通りです↓

楽天ポイントの種類 有効期限 主な入手方法
通常ポイント 1年間 ・楽天会員通常Pt1%還元
・楽天カードのPt還元
・楽天DealのPt還元
期間限定ポイント 付与の翌月末~半年 ・上記以外のSPUやキャンペーンのPt還元

「通常ポイント」はおよそ1年間の有効期限があります。

ポイントを獲得した月を含めて1年間で使い切れなかった場合に失効してしまいます。 例えば、7月に獲得した通常ポイントであれば、このポイントは翌年6月末までなら利用が可能です。

対して「期間限定ポイント」はキャンペーンなどで付与されるポイントで、通常ポイントよりも有効期限の短いポイントです。

期間限定ポイントには以下のような特徴があります。

特定のキャンペーンなどで進呈され、それぞれに有効期限が設定されています。
有効期限は15日や月末までなど異なりますので、ご確認のうえ有効にご活用ください。
※有効期限を過ぎるとお使いいただけませんのでご注意ください。

特に「楽天経済圏」の核となるSPU(スーパーポイントアッププログラム)で付与されるポイントも「期間限定ポイント」となっており、SPU特典によって異なりますが、大体が「Pt獲得の翌月15日頃に付与され、付与の翌月末に失効」となっています↓

SPUのポイント付与の図

なので、楽天市場のセールなどで大量にポイントを獲得しても、その翌月付与⇒翌々月末に消えてしまうので、付与されたら次のセールの買い物で使い切ってしまう事を忘れないようにしましょう。

楽天ポイントの有効期限の確認方法

楽天ポイントは楽天マイページや楽天ポイントクラブなどからでも確認する事ができますが、最も手っ取り早いのが「楽天アプリ」をスマホに入れて持ち歩くことです。

楽天ポイントクラブ

どの方法でも以下のように楽天ポイントと有効期限が確認できます↓

楽天ポイントの有効期限は楽天ポイントクラブの「利用可能ポイント」の欄から確認可能

全てのポイントが同じタイミングで消失するわけではなく、「獲得から●か月」で消失とポイント毎に条件が異なります。

上記のケースの場合は、最も近い日付で「8/27に消失するポイントが2231ポイントが消失する」という事で、このページを書いている約3週間後までに使い切らないと無駄になってしまう事が分かります。

楽天ポイントの使われる優先順位:有効期限が短い順位使われるので安心

楽天ポイント払いで使われる順番は「有効期限が短い順に消費される」ので「期間限定ポイント ⇒ 通常ポイント」の順に使われます。

最も有効な解決策としては、楽天アプリをスマホに入れておくことです。

楽天ポイントアプリ_アイコン

楽天アプリなら「有効期限が近いポイントの確認」も「使える近くのお店(GPS)」も「ポイント支払い&貯める際に必要なバーコード」も内包しています。

とりあえずスマホに楽天アプリを入れて「毎回確認有効期限が近いポイントを確認し、近づいたらその分をポイント払いする」というのがベストです。

ポイントを貯める&支払いで楽天アプリ起動時に、有効期限を確認する習慣が付けば二度と消失させなくなるでしょう。

その他の楽天ポイントの現金化の方法に関しては以下のページでまとめて解説しているので是非参考にしてみて下さい↓

楽天の期間限定ポイントを現金化する4つの方法 楽天の期間限定ポイントを効率よく現金化する4つの方法